BACK

お客様の憩いの場所「グランカフェ」。
おいしい料理作りに全力投球!

初体験の飲食部門に飛び込む。

飲食部門の「グランカフェ」で働いています。入社のきっかけは知人からの誘い。飲食関係の仕事は未経験だったので、最初はお断りしましたが、それでも熱心に誘っていただいたので、「とりあえず、やってみよう。ダメだったら辞めればいい」と割り切って、入社しました。いざ、やってみると想像とは違って、仕事環境が整っていて楽しい職場という印象でした。プロとしての調理は初めてでしたが、先輩に教わりながら業務に邁進。もともと料理をするのが好きだったことから、自然に溶け込むことができました。

新メニューの開発が楽しみ。

入社してすぐは、目も合わせてくれないお客様もいらっしゃいましたが、何度か利用されるうちに「おいしかったよ」と声を掛けてくださるようになりました。料理作りで心掛けているのは、お客様に喜んでいただけるメニューを提供することと、心を込めた接客です。その一環として、グランティール天国では月に2回、ペアの2チームが挑む試食会を開催。スタッフ5人による審査で、3人以上が「新メニューにしていい」と評価すれば、採用されます。ちなみに、これまでに採用されたメニューは「唐揚げ定食」と「鶏丼」。お客様を待たせないで済むように短時間での調理を心掛けるとともに、年配のお客様が好まれる甘めの味付けにこだわりました。

料理の腕前は問いませんよ。

将来は、お客様にも参加していただき料理教室を開催して、お客様がお好きなメニューの開発を手掛けてみたいですね。もしかしたら、貴方のお家の人気メニューが採用されるかもしれません。料理好きな方も、そうでない方も、私たちと一緒に楽しく料理を作りませんか。きっと、生活に張りを感じられると思います。